メニュー

無料BL漫画 ふじょきん

  • お題兄弟で、ショタ(小学生×高校生 希望)
    で小説風に……!!!!!
    お願いいたします(人´∀`)

    (8)

    出題者 貴腐人

回答「お兄ちゃん、あのね、あのね」
「ん、どした」
「あのね、ぼくがね、おっきくなったら、およめさんになって!」
 可愛い弟、御歳五歳。
 対する俺は十三歳。きらきらした目でそんな事を言われたその時、夢を壊さないよう『出来ない』なんて言わないのが兄の勤めだろうかと、笑って頷いたのが始まりだった。

 翌年。
「お兄ちゃんは、ぼくがおっきくなったら、お嫁さんしてくれるんだよ!」
「ははは、そうなのか」
 可愛い弟、御歳六歳。
 夕飯時、両親に楽しげに告げる弟。両親も俺と同じ考えだったのか、睦まじい兄弟仲が微笑ましかったのか、和やかに笑うばかりだ。俺も可愛い弟に懐かれる事を嬉しく思い、特に否定もしなかった。

 更に次の年。
「クラスの子に好きって言われちゃった……あ、あのね、でもね、“うわき”じゃないよ!」
 可愛い弟、御歳七歳。
 どうやら女子に告白されたらしい。俺が理由で断ったらしく、その女の子に対して物凄い罪悪感を感じたが、あまり必死に『“うわき”じゃない』と繰り返すので、解ってるよと頭を撫でてしまった。

 ――後から思えば、せめてこの時、道を正しておくべきだったのかも知れない。


 月日は流れ、数年後。
「お兄ちゃん、あったかいのと涼しいの、どっちが好き?」
 可愛い弟、御歳十歳。
 受験を控えた俺には、正直そちらよりも頭を抱える問題があった。つまりは、笑顔でスペインとカナダのパンフレットを差し出して来る弟である。
「……確かに、その二国は同性間の婚姻は認められてる」
「でしょ? えへへー、僕、ちゃんと調べたんだよ!」
 えらい? と笑いかけて来る弟は、可愛い。可愛いが、末恐ろしい。
 未だ自分を『お嫁さん』にする気満々な弟の未来に危機感を覚え、それとなく「男同士は結婚出来ない」と教えたのが昨日。そして今日のこのパンフレットだ。仕事の早さに面食らった。いや、動揺すべきはそこではなく、一緒にした「女の子をお嫁さんに貰え」と言う話が華麗にスルーされた事なのかも知れないが。
 これはもう、はっきりと言い聞かせなくてはいけないだろう。
「……あのな、確かに、男同士でも結婚出来る国はある。けど、俺達は兄弟だろう。……どこの国に行っても、兄弟は結婚出来ない」
「……外国でも、だめなの? フランスもだめ?」
「お前はフランスにどう言うイメージを持ってるんだ」
 地球上のどこに行っても、恐らく無い。そう伝えると、ショックを受けたのか、俯いてしまった。
 その姿に少しだけ、胸が痛む。けれど、こんなに長い間間違いを正してやらなかったのは自分だ。甘んじて受けなくてはいけない。
「僕たち、結婚出来ないんだね……」
「……ああ。でもな、お前ならきっと」
 可愛い女の子がお嫁さんに、と続けようとした言葉が、輝くような笑顔で、封じられる。



「それじゃあ、『内縁の妻』だね!」




 可愛い弟、御歳、十歳。
 数年内に全力でこいつの思考を正さなければ、心配すべきは弟の未来でなく、自分の身になると感じた十八歳の夜だった。



*****
一直線弟×ブラコン兄
最後しか小学生×高校生になってなくてすみません(´д`;)ショタ難しい…

回答者 某うつさん

回答する

    他の人の回答を見る

    • お題兄弟で、ショタ(小学生×高校生 希望) で小説風に……!!!!! お願いいたします(人´∀`)

      回答目に入れても痛くないほど可愛い、とはよく言ったもんだ。 「にいちゃ」 まだまだ幼い我が弟は、上手くに……

      1

      回答者 貴腐人

    • お題兄弟で、ショタ(小学生×高校生 希望) で小説風に……!!!!! お願いいたします(人´∀`)

      回答「桜にぃちゃーんっ!!!!」 「お帰り、幹……太ぁぁ!?!?ぐはっっ!!!! 何故にタックルしたしっ!!!」 ひょろいモ……

      2

      回答者 貴腐人

    • お題兄弟で、ショタ(小学生×高校生 希望) で小説風に……!!!!! お願いいたします(人´∀`)

      回答「にーたん…何するの?」弟、陸に猫耳をつけ、脱がす兄、竜。 「猫さんを楽しませてやるんだよ。」 竜は陸……

      1

      回答者 貴腐人