メニュー

無料BL漫画 ふじょきん

  • お題兄弟で、ショタ(小学生×高校生 希望)
    で小説風に……!!!!!
    お願いいたします(人´∀`)

    (8)

    出題者 貴腐人

回答兄:ヘタレ攻め×弟:小悪魔受け


「お兄ちゃ?ん、お風呂入ろ??」

(わっ、また来たよ?。毎日毎日俺の気持も知らないで…)

俺は小学生の弟に恋をしていると気付いて以来、なるべく避けるようにしてるのに、あいつときたら、お構い無しで俺に懐いてくる。

「優太…風呂くらいそろそろ一人で入れ。」

「やだっ一緒に入る!お母さんだって二人で入れば時間の節約になるって言ってたし。」

「……わかったよ。」



「お兄ちゃん、身体洗って??」

まったくこいつは…、と思いながら背中を洗ってやっていると、優太がとんでもない事を言ってきた。

「ねぇ、こんなになっちゃったぁ。どうしよう、病気かな?…」

っ―!優太の中心が固くなっている。

落ち着け、俺!

「…え?とナっ、それは病気じゃなくて、優太がそこを触ったり、気持ちいい事を考えたりしたらそうなるんだ。大人になってきた証拠だよ。」

「へ?、じゃお兄ちゃんも触ったらこんな風になる?」

そう言いながら優太は俺のモノに手を伸ばしてきた。
「わっ!だめっ!止めろ、優太…だめ…だ、くっ…」
小学生に翻弄されるなんて情けないけど、可愛い優太のまだ小さな手が、俺の中心を握ってるんだ。

「わ?おっきくなった?。すごいね、お兄ちゃんの。だけど、どうやったら元に戻るの?」

「う…、それ…は、手で擦って…」

「こう?…あれ、もっと大きくなったよ。お兄ちゃんなんか気持ち良さそう。僕のもやってよ?。」

俺は優太の可愛いそれに手を伸ばして、軽く扱きあげた。

「あんっ…んっ…おに、い…ちゃ、ぁん…」

クチュ、クチュ、…

突然優太の身体がブルッと震え、俺の手に白濁を放った。

ほぼ同時に俺も優太の手に…

「はぁ、はぁ…き、気持ち良かったぁ。…僕ね、お兄ちゃんの事考えてると、時々こんな風になっちゃうの。それで困ってたんだけど、治し方わかったよ。また触ってね!僕も触ってあげるから?」

「………」

ニッコリ微笑んだ優太は天使のように可愛いのに、その背中とお尻には黒い羽根と尻尾が確かについていた…ような気がした。

回答者 貴腐人

回答する

    他の人の回答を見る

    • お題兄弟で、ショタ(小学生×高校生 希望) で小説風に……!!!!! お願いいたします(人´∀`)

      回答目に入れても痛くないほど可愛い、とはよく言ったもんだ。 「にいちゃ」 まだまだ幼い我が弟は、上手くに……

      1

      回答者 貴腐人

    • お題兄弟で、ショタ(小学生×高校生 希望) で小説風に……!!!!! お願いいたします(人´∀`)

      回答「お兄ちゃん、あのね、あのね」 「ん、どした」 「あのね、ぼくがね、おっきくなったら、およめさんにな……

      2

      回答者 某うつさん

    • お題兄弟で、ショタ(小学生×高校生 希望) で小説風に……!!!!! お願いいたします(人´∀`)

      回答「桜にぃちゃーんっ!!!!」 「お帰り、幹……太ぁぁ!?!?ぐはっっ!!!! 何故にタックルしたしっ!!!」 ひょろいモ……

      2

      回答者 貴腐人