メニュー

無料BL漫画 ふじょきん

  • お題巨根絶倫攻め×〇〇受けで話をつくってくたさい!

    (5)

    出題者 貴腐人

回答巨根絶倫攻め×いじめられっ子 で!!


「おし。だいぶ拡がってきたな…」

「あっ…うぅ…龍く…ん…やめてぇ…」


ここは体育倉庫。
本来なら生徒は入れないこの場所で、僕はこんなハレンチな事を龍くんにされている……


「んんっ…やだぁっ、龍くん…お尻変だよ…指抜いてえっ…」

そう。僕、神山 晴紀は、今この魔王…いや、篠田龍くんにっ…お、お尻の、穴を、指でっ、


「なにがイヤだと?あぁ?俺が触ったらピクンピクン反応しやがってよぉ…お前のエロイ汁が俺の手汚してんだぜ?」

「なっ///、ち、違うよぅ…僕、そんなっ」

「…自分じゃわかんねぇみてーだからよ…仕方ねぇよなあ…」

そう言うと、龍くんは僕の仰向けの体を自分の方へ引き寄せ、おもいきり股を開いた。そして…


「ジュル…ジュルジュルジュルジュルッッ…ゴクッ」

「あっ、ああああああん!!////ダメえぇぇっ」

龍くんは僕の股間に顔を埋め、まだ未熟な性器を頬張ると、スゴい勢いで汁を吸い込んだ。僕の体に電流が走る。


「あぁ…ぅ…ひ…ぅっ…」

「ふぅ、おら。感じてんじゃねえか…」

「あっ…、龍、くんっ……龍く、ん…」

「…いい加減分かれハル。お前は俺のモンなんだよ。俺の女になる事以上の幸せなんて存在しねぇ。お前は黙って俺を愛してりゃいーんだよ」


あまりの快感に痙攣している僕の髪をまるで愛しむかの様に撫で、笑みを浮かべると、龍くんはカチャカチャと自分のベルトを外し始めた。

「…龍、くんっ?…なに、するの?」

「あぁ?決まってんだろ」 
龍くんはボクサーパンツを下げた。

「これをお前の中にいれ、」「やぁぁああ!!無理無理無理ィ!!」


ボクサーパンツから現れたのは、……巨大バナナ?

とにかく尋常ではないくらい長くて太い。色もドス黒くて、おまけに臨戦状態なのがさらに恐ろしい。

「そんなの無理だよぉっ……」

俺は半泣きで後退りした。でも何を勘違いしたのか、龍くんはニヤニヤしながらバナナ出しっぱなしで迫ってくる。

「ハールちゃん、いい子だからお兄ちゃんと一緒に気持ちよくなりまちょーねー」

「いやあああああああっ!!!!」



長くなっちゃいました....(

回答者 貴腐人

回答する

    他の人の回答を見る

    • お題巨根絶倫攻め×〇〇受けで話をつくってくたさい!

      回答「なにこれ、鈍器?」 「そんなほめんなって」  ばかやろう股間のムスコを鉄パイプと同じくくりにさ……

      ジャンルオリジナル

      年齢制限15禁

      巨根ノンケ友人

      1

      回答者 芳さん

    • お題巨根絶倫攻め×〇〇受けで話をつくってくたさい!

      回答(うっ…でけぇ…) 只今俺は山下一樹を絶賛押し倒し中。 あーぁ、涙目になっちゃって可愛いったらありゃ……

      年齢制限18禁

      0

      回答者 貴腐人

    • お題巨根絶倫攻め×〇〇受けで話をつくってくたさい!

      回答「か、帰らせてください…」 「無理だろ。」 「や、それいれるほうがむ、無理っていう かなんという……

      年齢制限18禁

      0

      回答者 貴腐人