メニュー

木乃伊の恋(食まれる続編)失恋の誓い2話

  • 14
  • 1
  • 2

1ページへだれが想像するだろう。愛美の婚約者である陽平と兄の恭弥が……、無言で見つめあう彼らが、わずか2週間まえまで恋人関係にあったなど。
愛美をうらぎっていると知りながら、二人は禁断の関係におぼれ、身をほろぼした。

その事実をしり得るのは、探偵社員の柴田と、依頼主の愛美だけ。

久々にみる陽平は、まるで別人のようだった。
ほおはこけ、生気もなく、ひどく憔悴しきっている。
ふっくらした愛嬌のある目元はあかく腫れあがり、色も茶色くくすんでいた。黒目はぼんやりと空をみつめ、意思も感情も読みとれない。

――生かされている、ただの人形だ。

だけど、これが最後に目にする元恋人の姿だとおもうと、背中を丸めた力ない姿さえいとおしくなる。
恭弥は「妹をよろしくお願いします」と頭を下げると、ゴクリと喉をならして涙をのんだ。

(これで本当に、陽平くんとお別れだ)

来月には新しい生活をはじめている。
今週中に東京をでる。行先はだれも知らない。人里はなれたしずかな田舎で、今度こそ人生を一からやりなおそうと思う。
辞表は出してある。少ない荷物だけれど、身支度もおわった。
恋人をおきざりに一人街をはなれる……なんて、昔のフォークソングの歌詞じゃないけれど。ひきとめられた時、その手をふりきる勇気がなくて、最後までさようならを言えなかった。
いやで別れた相手じゃないからこそ、簡単に気持ちに整理はつけられない。
いまでも諦めきれない元恋人が、妹と幸せな家庭を築いてゆくその様を、となりですずしい顔で見ていられるほど強くもない。
うなだれた陽平を見るうち、自分だったら彼を幸せにできるのに、と無謀な欲に飲まれそうになる。恭弥はまたゴクリと喉をならした。

(何かんがえてる。やっと解放されるんだろ)

そうだ。ようやく自由になれるんだ。
「変態」「泥棒猫」「最低な男」と愛美にさげすまれ続ける、地獄のような日々から。愛美を生活の中心としてきた犠牲だらけの人生に、やっと終止符がうてる。

依然として賑やかな会場の音声は、いまや敗北者へささげる讃美歌のように、恭弥の鼓膜を震わせている。
パーティは中盤。薄暗い照明のなか、愛美がリクエストしたエンゲージケーキが人々をかきわけホールの中央に運ばれてくる。プロジェクターの画面は、冒頭の写真にもどっていた。
そこに黒のタキシード姿の司会者の男性が現れ、「婚約ケーキ入刀」のコール。あわせてウェディングソングがわっと大音量で流れだす。周囲から歓声がわき、陽平と愛美がフラワーアレンジの施されたケーキナイフを手に、中央へ歩みよる。
みなが幸せの絶頂をかみしめる瞬間。孤独に押しつぶされた一人の男が周囲にまぎれ、ぽつりと佇んでいた。
「おめでとう」とも「さようなら」とも言えず。ただ一人、硬くなったテリーヌを口に放りこむ。
ただ静かにそれをほおばる。瞳にいっぱいの涙をためこんで。感動のない、作りこまれた味をかみしめる。

心から誓う。
もう二度と、男だけは好きにならないと。

この先どのような出会いがあったとしても。
男だけは、もう二度と好きになどならない。

絶対に。絶対にだ。

  • 14

もっと読みたい!オススメ作品